春を楽しむコンスタンティンのイラスト

新生活はオクトパスで

新しい季節、新しい生活は、グリーンな電気で始めよう!この春、初めての一人暮らしをスタートするあなたへ

日照時間が長くなり、気持ちも少し明るくなるこの時期がやってきました。
春といえば、多くの方が新たなスタートを切るタイミングですね。この時期、新社会人の約70%新大学生の約30%一人暮らしをスタートすると言われています。
初めて親元を離れる不安感と、同時に自ら生活基盤を作り上げていくワクワク感の心地の良い板挟みを感じられる時ではないでしょうか。今回の記事では「不安感」を少しでも取り除いて、「ワクワク感」がさらに増すように皆さんをサポートできたらと思っています。


もくじ

一人暮らし、何が必要?

初めての電気契約 / 切り替え

電気契約のアレコレ(よくある質問)

では早速本題に!

一人暮らし、何が必要?

  • モノ編
    一人暮らし = あなただけのお城づくりのスタートと言っても過言ではありません。
    一人暮らしのスタートに欠かせないアイテムのおさらいを。

    一軍:家具(テーブル・チェアなど)、寝具(ベッド・布団など)、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、最低限の食器 など
    二軍:エアコン、照明、洗剤、フライパン・鍋類、食器、炊飯器、掃除機、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、歯ブラシ、タオル、カーテン、ゴミ袋、ゴミ箱、物干し、洗濯バサミ など

    早い段階でここまで揃えてしまえば、不自由なく快適な日々を過ごせるはず。
    とは言っても、なかなかのアイテム数ですよね。これを一気に新調するのは一苦労…!実家から持っていけるモノを活用したり、同じタイミングでお引越し予定のあるお友達に声をかけてみたり、モノを譲り受けるいう選択肢もあることをお忘れなく。(地球にも優しい選択肢になりますね

  • お金編
    家に揃えたいモノや部屋のグレードに差があるため、ばらつきが出ますが、一般的には30〜50万円が一人暮らしをスタートする際の資金の目安といわれています。
    内訳は、家賃・敷金・礼金・仲介手数料・火災保険料など + 引越し費用 + 家具や家電の購入費用が主に考えらます。なかなかにどれも削るのが難しい費用なので、少しずつコツコツ資金を貯めておくのが吉ですね。

    🤔 どうやって資金を貯めようかな…
    なかなかに初期費用を抑えるのが難しいと分かったら、それ以外のポイントで節約するっきゃない!というわけで、実践しやすい節約方法を。

    • 自炊を増やす
      王道中の王道ですが、日々欠かすことができない大切な食費を見直すのは効果覿面。
      例えば…1,000円ランチを一回減らして、自炊に切り替えれば同じだけの金額で2〜3食分の食事を用意できるはず。ランチよりも価格帯が高くなるディナーや飲み会を、ひと月に1回だけでも、見送るのも効果があるはず。

    • 固定費の見直しを!

      通信会社を格安SIM、キャリアに
      今や大手キャリアに負けじと約3割の人が選ぶ格安キャリア。番号も変わらず、シンプルな料金プランから選べるのがいいところ!
      電力・ガス会社の切り替えを
      こちらも同じく、欠かせないライフラインのひとつ。使わないという選択ができないものだからこそ、よく考えて選びたいところ。


では、もう一歩電気周りに踏み込んで。

初めての電気契約 / 切り替え

家族と住んでいる時はあまり気にしてこなかったかもしれません。実は、大切なライフラインの中でも水道を除き、ガスや電気をはじめとしたほぼ全てが、あなた自身で好きなサービス、会社で選ぶことができます。そこで、初めての電気の契約に関して、オクトパスからポイントをお伝えします。

  • 一人暮らしの電気代の平均はいくら?
    総務省のデータ*によると一人暮らし世帯の光熱・水道費の月平均は13,045円、うち電気代の月平均は6,726円です。もちろん、この数値は平均値であり、地域や季節によってころなることはご留意を。(年間で見ると、光熱・水道費計156,545円、電気代計80,712円ですね。)
    毎月、嫌でもこれだけの金額がわかったところで、本日この記事に辿り着いたあなたに、ぜひ気づいてほしいことがあります。

    * 出典:家庭調査報告(総務省統計局)

  • この年間の電気代、オクトパスの割引を使うとかなり抑えられるかも!
    え?どういうこと?と思ったあなたはまずこの数字が何を指すのか予測してほしいのです。
    34,487円
    先ほど出てきた年間の平均電気代の約半分ほどの金額。
    実は…この1年間でいちオクトパスユーザーである私が獲得した各種電気代割引の合計金額です。 👉 詳しくはこちら
    オクトパスでは夏・冬の電気使用のピークシーズンに節電チャレンジがあったり、通年で友達紹介割があったり楽しく割引をゲットするチャンスが多くあります。
    つまるところ、うまくこれらのキャンペーンを使うと、電気代を半分近くまで抑えられちゃうチャンスがあるということなのです。
    特に、新生活では新しい仲間と知り合う出会いの機会も多いはずなので、友達紹介割でどんどん割引をゲット出来るいきなりの大チャンスだったりします。

さらに!現在オクトパスでは一部地域で最大30,000円割引のエリア別新規お申し込み特典をご用意しています。

友達紹介割
オクトパスで大切にしている割引制度のひとつ。

既存のオクトパスのお客さまの紹介URL経由で、新しくお友達やご家族がオクトパスへのお申し込みが完了すると、オクトパスのお客さまとお友達・ご家族の双方に5,000円の電気代割引が付与されるというものです。年に数回増額キャンペーンもアリ!

へぇ!オクトパスってちょっと面白いかも!と、少しは思えてきましか?

でも、今まで聞いたこともない会社だし、まだ信頼しきれないな、と思ったあなたへ。

最後にダメ押しのオクトパス & 電気に関する素朴な疑問や都市伝説にお答えしますので、気になる項目をクリックして、事実を確認してみてください。

新居での電気の契約に必要なのは、お住まいの住所

はい、基本はコレだけ。しかも、オンラインだけで簡単にお申し込みができます。
順調に入力をすれば、カップラーメンが出来上がる前にお申し込みが完了できちゃいますよ。

もし、今回が新居ではなく現在のお住まいでのお切り替えならば、供給地点特定番号、そして現在の電力会社のお客さま番号が必要となります。
そんな番号、聞いたことないと思っても大丈夫!毎月の電気の検針表・請求書を見返したら、未だかつて気にしたことのなかったこれらの番号が記載されています。

billing mockup

多くの人の頭にまずよぎるのは、安心・安定・価格といったキーワードではないでしょうか。もちろん、これらのポイントは注意深く見極める必要があります。かと言って、必ずしも大手電力会社を選ばなきゃいけないわけではありません。極端に安い料金を打ち出していないか?など、その会社が健全な運営をしているか、よく見てみてください。

そして、これからの未来を背負う皆さんだからこそ意識してほしいのが、もう一点「グリーンな電気」なのかどうか。あなたが、そしてこれから創っていくあなたの家族が暮らしていく地球環境を、少しでも良い状態で引き継いでいきませんか。このためには、グリーンな電気を選択することがとてもとても大切になってきます。

どの電力会社と契約したとしても、あなたのご自宅に届く電気はこれまでと変わることはありません。同じ電線から届けられる、同じ質の電気です。

これまでの大手電力会社に比べた際の不安と誤解は、こちらのブログでさらに詳しく書いていますので、気になる方はご一読を。

🌱 実質再生可能エネルギー100%

グリーンな電気をより安くお届けします。グリーンでない他の電気と遜色ないくらいお手頃な価格に設定し、より選びやすい選択肢になるように設計しています。

お客さまからの高い信頼 Googleレビュー 4.4

従来のライフライン企業とは、一味違うサービスを期待してください。

🇬🇧 英国で契約件数No.1*:9カ国で700万人に選ばれています

EnergyとTechnologyを掛け合わせたエンテック企業として、急成長中!創業から10年を待たずして、電力会社ではトップの座に!もちろん、日本でも更なる成長を遂げて参ります。

* 2023年12月時点 Ofgem'Retail Market Indicators'調べ。Octopus EnergyとShell Energy Retailの合計契約件数

💸 解約金、事務手数料一切なし!

もし…期待に添えなかった時には、それ以上のお金は一切いただきません。お試しと思って、気軽にご契約いただいてOKです。

ここまで読んで、新しい生活のお供にオクトパスエナジーを選んでみようかな、と思っていただけたらとても嬉しいです。

ですが、もしそうでなくても、電気は自分で選べること、そしてグリーンな電気という選択肢があることが新しい発見となったならば、それだけでもとても喜ばしいです。

もし、この記事で解決できていないこと、もっと知りたいと思うことがあるならば、お気軽にメールや各種ソーシャルチャネルでご質問ください。

X Logo Instagram Logo Facebook Logo

この春から始まるあなたの新生活がハッピーで素敵なものになりますように!



Love and Power,

#オクトパスエナジー

投稿日2024年3月13日

投稿者

Miyoshi Nakamura