ブログバナーイメージ

オクトパスエナジー グループ、世界的な投資家からの新たな支援で北米と欧州の成長を加速

英オクトパスエナジーは、世界的な投資会社であるGalvanize Climate Solutions、Lightrockから新たに出資を受けたことを発表しました。

  • 世界的な投資会社Galvanize Climate Solution(以下、Galvanize)とLightrockが支援

  • 既存投資家からの大型出資からわずか1か月、立て続けの出資獲得に

  • オクトパスエナジーの評価額は90億ドル – 6か月前の前回の資金調達ラウンドから15%上昇

今回のGalvanize Climate Solutions、Lightrockからの新たな出資は、元米国副大統領のアル・ゴア氏が率いるジェネレーション・インベストメント・マネジメント社とカナダ年金制度投資委員会(CPPインベストメンツ)がオクトパスエナジーへの出資を倍増したことに続く、大きな出資のニュースとなります。 ジェネレーション・インベストメント・マネジメント社は、アウェア・スーパーを含む米国とオーストラリアの年金基金から新たな支援を得ています。


この2つの取引により、世界的なエネルギーテクノロジーグループであるオクトパスエナジーの評価額は90億ドル(72億ポンド)となり、2023年12月の前回の大型資金調達ラウンドから15%増加しました。


今回新たに英オクトパスエナジーへの投資を決めた2社、Galvanize, Lightrockとは?

Galvanize Climate Solutionは、米国サンフランシスコに本社がある気候変動に特化した投資会社で、世界中の気候変動解決策を加速させるための資本と専門知識の提供を目指しています。Galvanizeは、10億ドルの「革新+拡大ファンド」(これまでに調達した気候変動ファンドの中でも最大級)を通じて、オクトパスエナジーの北米での事業拡大を強力に支援します。


Lightrockは、持続可能な未来の構築に特化したグローバルな投資プラットフォームです。ロンドンに本社を置くLightrockは、公的・私的市場の両方で資本を運用しており、資本の大部分は気候変動イノベーションに特化しています。欧州におけるステークホルダーとの協力な関係性と、アジアとラテンアメリカにおける長年の現場での存在感により、Lightrockはオクトパスエナジーの欧州と世界的成長の両方をサポートします。

グレッグ・ジャクソン(オクトパスエナジー グループの創業者)コメント:

「世界で最も成功し、素晴らしい実績を持つ投資家たちが支えているGalvanizeとLightrockを迎えることができ、感激しています。気候変動に焦点を当てた彼らの投資は、当社のグローバル展開の強力な起爆剤となり、北米、欧州、新興市場において当社の成長をさらに後押ししてくれるでしょう。私たちは、よりスマートで持続可能なシステムを通じて、クリーンエネルギーへの移行を加速させるという使命を世界中で訴求しています。」

ヴィーリー・マクスウェル(Galvanizeのイノベーション+拡張部門共同責任者)コメント:

「脱炭素化のためには、エネルギーセクターのシステム最適化と柔軟性の高いサービスの向上が不可欠で、これは特にエネルギー業界が負荷の増大と分散型発電の増加に取り組む中で重要です。オクトパスエナジーの優位な強みは、エネルギー・バリューチェーン全体でエネルギー市場をサポートできることであり、同社の経営陣と協力して北米およびそれ以外の地域で成長を加速できることを楽しみにしています。」

ナイジェル・マックリーブ(Lightrockのパートナー)コメント:

「オクトパスエナジーが設立から10年足らずで英国最大の電力供給会社となったことは注目すべきことです。これは、お客さまに対する公正な対応、先駆的な技術、消費者のエネルギー体験を変革した結果だと言えるでしょう。しかし、これはほんの始まりに過ぎません。オクトパスエナジーは、エネルギー・バリューチェーン全体をさらに良く変革する可能性を秘めています。エネルギー転換期には、オクトパスエナジーのような企業が成功の軌跡を歩み続けることが必要です。そして、成功を収めているだけでなく、すでに世界的な舞台で真に意義ある企業としての地位を確立しつつある欧州のリーダー企業と提携できることを嬉しく思います。」

👉 オクトパスエナジーUKの記事を読む


オクトパスエナジー グループの世界を股にかけた急成長は止まること知らず。今回は北米、欧州を中心としたニュースではありますが、引き続き世界で、日本で、8本足フル稼働で動き続けるオクトパスにご期待ください。


Love and Power,

#オクトパスエナジー

投稿日2024年6月6日

投稿者

Miyoshi Nakamura