ブログバナーイメージ

夏の電気代値上がりに、ちょっと待った!

夏の電気使用のピークは春と比較して約7割アップ!今こそ電気料金プランの見直しで、値上げ対策を。

検索バーで見つけてしまいました。「夏 電気代 怖い」という言葉の羅列。

…ですよね。この夏は既に猛暑予報が出ていて、政府の補助金も終了し、とにかく電気代の値上がりに待ったなし!であることが、ニュースを賑わせていて、心配になっている方が多いはず。


この記事では昨年2023年の夏の電気使用量を例に、夏の電気代に対する備えをお伝えします。

2023年夏の月平均電気使用量の推移

2023年夏の電気使用量推移のグラフ

春の電気代と比較するとなんと約7割もアップ

2023年5月から9月のオクトパスエナジーの一般的なお客さまの一か月の電気使用量の平均値を調べたところ、5月と6月はおよそ190kWhで横這いでしたが、7月、8月は急激に増加傾向があることが明らかに!


上記のグラフの通り、7月は242.6kWhで6月より27.8%増加し、8月は320kWhで7月からさらに32.2%増加し、8月ピーク時の平均電気使用量は6月と比べると69%増であることが分かりました。
そして、9月にかけてもこの高止まりの状況が続いていました。年々、日本の夏は暑く、そして長くなってきていることを実感せざるを得ないはず… 😰


2024年6月の時点でも既に東京都心では最高気温30℃を記録する真夏日も観測されています。「6月って、こんなに暑かったっけ?」という声もあちこちから聞こえてきます。

今年の夏も猛暑予報。

このまま、従来の電力料金プランにとどまってしまうのは、勿体ないとしか言いようがありません。

今こそ!ライフスタイルに合った夏の電気の使い方、節約の仕方を考え、そして電気料金プランを見直すことを強くお勧めいたします。

オクトパスなら…

上限なくお使いいただけるお友達紹介や夏や冬の電力使用のピークシーズンに行う節電チャレンジで節電量に応じた電気代キャッシュバックをご用意!

たとえ、補助金がなくなったとしても、電気代を少しでもお安く抑えられるように、あの手この手を尽くしています。それでも、もし、違うな、合わないなと思っても解約手数料もないので、ご安心ください。

お客さまからもこんなお声が届いています

年配者がいて、体調管理のためには冷暖房が必須。この夏の電気代を抑えられそう

家族3人暮らしだが、生活時間がみんなバラバラなので電気代が安くなると嬉しい

猛暑で電気代上昇が心配でした。ペットもいるし、とにかく金額の安さが素晴らしい

在宅勤務のため消費電力がコンスタントにとても多いので、節約になるプランはとても助かる

5月15日(水)に提供開始した新しい料金プラン「シンプルオクトパス」(基本料金なし、燃料費調整額なし、段階制料金なし!)は、既存のお客さまからも多くの関心をいただき、続々とプラン変更のリクエストを受けました。

上記のお声は、プランを変えたお客さまからいただいた実際のお声です 🙂

夏の猛暑、電気代の値上がりという不安やお悩みにプラスして、高齢・幼年のご家族やペットの健康、在宅勤務などで電気の使用が比較的多い方々から、安さに期待、実感するお声が届きました。


シンプルオクトパス、今現在も新価格で受付継続中!

最初にご案内していた限定価格での販売は終了しましたが、値上げ幅をできるだけ抑えた第二弾プライスで現在もお申し込みを受け付けています。

シンプルオクトパス単価

※ 上記の使用量単価に、日本政府が指定する「再エネ賦課金」が加わります。(全社共通価格)

まずはお見積もりだけでも。とにかく、この夏は電気の見直しの絶好のチャンスであることを、心に留めて、備えてみてください。

お見積もりしても安くならない、よく分からない点があれば、メールで、各種SNSでお気軽にご相談ください。

X Logo Instagram Logo Facebook Logo


Love and Power,

#オクトパスエナジー

投稿日2024年6月21日

投稿者

Miyoshi Nakamura